自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ8選

  • 筋トレ
  •  

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ8選

自宅で筋トレをする際、自重でも成果を出せますが、ある程度器具やグッズを揃えた方が効率的に筋トレを進めることができます。

ただ完璧にいろんなものを揃えるのではなく、個人的には「ダンベル」と「ベンチ」の2つをまずは揃えておきたいところ。

その他にもあったら役立つ筋トレ器具もあるので、この記事では、

  • トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ8選
  • それぞれの特徴や使い方

などをパーソナルトレーナー歴11年の僕が解説していきます。

特に男性であれば自重のみだと伸び悩みを迎えるかもしれません。僕も実際、自重トレだけでは一時的停滞したこともあります。

ちょっとしたものを揃えるだけで、筋トレが驚くほど効率的になったり成果が変わってくるので、ぜひ参考に取り入れてみてください。

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ8選

わかりやすいように、「僕のおすすめ順」にお伝えしていきますね。

先にまとめると、以下の通り。

①ダンベル10kg×2個

自宅で筋トレしたい方にまずおすすめしたいのは、10kgのダンベル×2個。

これがあればほぼ全身の筋肉をバキバキになるぐらいまで筋肉はつけられますし、何よりメニューのバリエーションが一気に増えます。

現場で、自宅トレで筋肉をつけたい方には“必ず”ダンベル2個は用意してもらうぐらい必須ですね。しかも、2個で約5,500円ぐらい。

それでジムに通う以上の効果が期待できるので、1ヶ月あればもとはとれるぐらい費用対効果の高いアイテムです。

ちなみにダンベルを使ったメニューも作成しているので、こちらも参考にどうぞ。

②フラットベンチ

これもぜひ活用してほしいがフラットベンチ。自宅でダンベルベンチプレスなど、大胸筋をつけやすくなったり、上半身の筋肉を圧倒的につけやすくなります。

自宅に置けば場所も困る場合もありますが、折り畳み式なのでクローゼットの中にしまえば問題なし。

ダンベル+フラットベンチのセットは本当に筋トレ効率が格段に変わるので、この2つはぜひ揃えてほしいですね。自宅トレで成果を出す人は、必ずこの2つは持っています。

③最新式のダンベル

少し値段は3万円と張りますが、可変式といっていちいち重量を変えるときに重りを外さなくてもいいダンベル。

セット間で疲労困憊しているときにダンベルの重量を変えるのも大変ですよね。この可変式だと、横のメモリを回すだけで重量交換が完了します。

扱える重量もかなり高いので、効率性と筋肉をバキバキに大きくしたい方には、こっちのダンベルの方がおすすめですね。

④防音マット

自宅でダンベルなどを扱うと、地面に下ろした時に振動が気になったり、地面が傷つく可能性もあるので防音マットがあると便利です。

細かいところもケアしておくと、筋トレに集中できるのでこういうマットも必需品ですね。

⑤リストストラップ

高重量を扱った種目をすると、どうしても握力の関係で背中などに効かせづらいことがあります。

そんなときにストラップを使えば、しっかり筋肉に効かせやすくなり、筋肉を鍛えやすくなります。

明らかに使用重量が変わりますし、ゴールドジムで筋トレしている方はほぼ全員が使用しているグッズですね。

⑥ハンドグリップ

前腕を太くしたい場合、毎日ハンドグリップを握り続けると太くなります。

前腕だけは特殊な筋肉なため、前腕を太くしたい方はハンドグリップは必須アイテムですね。

⑦ベンチプレス用トレーニングベンチ

本気で筋肉をつけたい方は、ベンチプレスができるベンチ台もおすすめです。

大胸筋はある程度高重量で刺激する必要がありますし、ベンチプレスができれば胸板もかなり厚くできます。

折り畳み式で簡単に収納できるので、場所もそこまでとらないため、本気の方はこういうベンチ台の活用もありですね。

⑧スクワットラック

自宅で下半身の筋肉をつけるのは少し難しいですが、スクワットラックがあればメニューのバリエーションができるので下半身を鍛えやすくなります。

ただ、若干スペースがとられてしまうのが難点。

ですがこのラックがあれば、ディップスやバーを置いた状態で懸垂などもできるため、下半身強化をメインで行いたい方にはおすすめですね。

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ8選まとめ

今回は自宅で伝えるおすすめ筋トレ器具やグッズ8選をご紹介しました。

個人的には、ダンベル10kg×2個とフラットベンチのセットがあれば十分だと思っているので、もし迷っている方にはこの2つがおすすめです。

2つ合わせて約1万円ぐらいですが、リターンが大きいので早めに用意すれば、その分身体を早く変えられるのでぜひ揃えてみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

筋トレ関連記事


▼お役に立った方はシェアお願いします!
 

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンのお申込はこちら


「何をしても身体が変わらない…」「どこに行っても変化を感じない…」そんな身体の悩みを抱えている方は、ぜひ気軽にご相談ください。一緒に改善の糸口をみつけ、“本当に、変わった…”を体感していただきます。無料体験などのお申込はこちらからどうぞ。

無料体験のお申込みはこちら≫


毎月限定1名モニター募集中≫

 

関連記事

  1. 筋トレ時の呼吸は吐く?止める?正しい4つの呼吸法を解説

  2. 筋トレの分割法(2・3分割)やトレーニングメニューの組み方を解説

  3. クールダウンや筋トレ後に行うと効果的な18種類のストレッチング方法

  4. 腰を痛めない腹筋の5つの鍛え方をトレーナーが解説

  5. 筋トレが続かない理由と習慣化する7つのコツ

  6. 【女性向け】筋トレ効果はいつから?体が変化するまでの期間を解説

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter