プロが徹底解説!二の腕が冷たい&太い4つの理由

プロが徹底解説!二の腕が冷たい&太い4つの理由

僕はパーソナルトレーナーとして11年間現場でご指導をさせてもらっていますが、先日、二の腕が冷たい&太いという症状に悩んでいる方から相談を受けました。

この方は転職を境に身体が大きく変わってしまい、その辺りから二の腕も冷たく、そして太くなってしまったそうです。

今、「二の腕が太くて冷たい」と感じている方は、おそらくこの方の改善例を参考にすれば温かく、そしてキュッと引き締まった二の腕に近づけるはず。

この記事では、

  • 二の腕が冷たい&太い理由
  • 具体的な改善方法
  • 二の腕が冷たい&太い方におすすめしないこと

などを解説します。

最も重要なことは、鍛えることではなく、まずは二の腕周辺を“自然な状態に直すこと”ですね。

 

\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/
無料体験のお申し込みはこちら≫

二の腕が冷たい&太い4つの理由

結論からお伝えすると、二の腕が冷たくて太い場合、

二の腕周辺の血流やむくみを改善すること

が重要になります。この理由は原因を見ていくと納得してもらえると思います。

個人によって原因は異なりますが、二の腕が冷たい&太い原因は以下の通り。

  • 二の腕への血流に滞りがある
  • 身体を動かさず二の腕周りの筋肉が硬い
  • 水分を1日3~4リットル摂る
  • 夜更かしをすることが多い

これら1つずつ詳しく解説しますね。

二の腕への血流に滞りがある

相談を受けたクライアントさんは、以前営業職でよく歩き回っていたそうですが、転職した職場ではほとんど身体を動かす機会がなくなってしまったそうです。

筋肉の特徴として、

  • 適度に使う=柔らかい筋肉の状態を維持できる
  • あまり使わない=筋肉が萎縮して硬くなる

という変化が起こるんですね。

筋肉は使わないとどんどん硬くなり循環が悪くなりますが、クライアントさんの身体は、

  • 背中
  • 二の腕 など

の筋肉が本当に硬く、ガチガチ。

筋肉が硬くなることで血管を内側にギュッと締めるような力が働き、その結果血流が悪くなってしまう。

血流が悪くなることで熱を持った血液が滞りやすくなり、結果身体は冷えてしまうんですね。

クライアントさんの場合、

  • 運動不足で二の腕周りの筋肉が萎縮して硬くなる
  • 筋肉が硬くなると血流が悪くなる
  • 血流が悪くなると、低体温になり二の腕が冷たくなる

ということが起こったと考えられました。

水分量を1日3~4リットル摂る

また、このクライアントさんは新しい職場で飲み会なども多くなったそうで、クライアントさんに1日の水分量をお聞きすると、

1日で3~4リットル以上の水分を摂っている可能性がある。

とのことでした。

人が運動せず過ごした場合、必要になる水分量は、

1日約1.5リットル前後が適量

と言われているので、水分量はかなり摂りすぎでした。

当然水分量が過剰になると体内はむくみますし、

大量の水分を摂ることで身体が冷えている

と考えられました。

また、人の身体は血液の濃度を一定に保つ働きがありますが、水分量が多いことで血液の濃度が薄まってしまいます。

そうすると、血液濃度を本来の状態に戻そうとして体内が活発に活動し、自律神経が乱れてしまう。

自律神経が乱れると、

  • 体温が下がる
  • むくみやすくなる
  • 筋肉がより硬くなる
  • 代謝が下がり脂肪がつきやすくなる など

二の腕が冷たく、より太くなる条件に偏り始めるんですね。

このクライアントさんは、生活リズムもあまりよろしくなく、そこの影響も受けて自律神経が乱れている可能性がありました。

もし水分の摂りすぎや便秘などがある方は、「1日2L以上飲む方要注意!水太りを解消して脚やせする方法」や「脚細くしたい方必見!便秘だと脚やせしないたった1つの理由」なども参考にしてみてください。

夜更かしをすることが多い

新しい職場に変わってからは、以前までの生活習慣とは大きく変わり、夜更かしをするなど生活習慣が大きく乱れていました。

生活リズムが崩れてしまうとさらに自律神経が乱れる要素となり、その結果、二の腕が冷たく太い状態になってしまう可能性があります。

  1. 食べ過ぎ
  2. 水分過多
  3. 生活習慣の乱れ

この3つは、すべて自律神経のバランスを崩してしまう可能性がある要素。

自律神経が乱れると、血圧や心拍数が高くなり低体温になると言われていますが、クライアントさんの血圧などは以下の通りでした。

血圧 143/96
(120/70)
心拍数 91拍/分
(65拍前後/分)
体温 35.8度
(36.5度)

上がクライアントさんの数値で、下が健康的な数値の指標です。すべて健康的な数値とは言えず、自律神経が乱れているという判断ができました。

このクライアントさんの場合、二の腕が冷たい&太いと感じる原因は、

  • 二の腕への血流に滞りがある
  • 身体を動かさず二の腕周りの筋肉が硬い
  • 水分を1日3~4リットル摂る
  • 夜更かしをすることが多い

こういったことが見えてきました。

おそらく、今二の腕が冷たい&太いと悩んでいる方は、

二の腕周りの循環の悪さ+脂肪がついている

などが一番の問題点だと思います。

ですので、ここからご紹介するような筋肉を緩める方法などを実践していただくと、改善が可能になると思います。

二の腕が太いと悩む方は、「二の腕だけ異常に太い原因と細くする方法」や「二の腕の外側が太い原因と細くする5つの手順」なども参考にしてみてください。

次は、具体的な改善方法を解説しますね。

 

二の腕が冷たい&太いときの改善方法

ここからは冷たい&太い二の腕を細くする方法をご紹介しますが、以下の方法を実践して細くすることができましたし、悩んでいる方もこの内容で改善可能だと思います。

ぜひ、できそうなことから実践してみてください。

まず最初にやるべきこと

これは二の腕が冷たい&太いという悩みに限らず、身体のたるみや太さで悩む方に共通しますが、まずやるべきことは、

身体を自然体に直す

ということ。

言い換えると、

  • 筋肉を緩める
  • 循環(血流)を改善する
  • 自律神経を整える

などをするということですね。

そのために具体的に何をすればいいのかというと、体操などで身体を気持ち良く動かしていきます。

運動不足になっている方の場合、身体を気持ち良く動かすだけでも筋肉が緩み、二の腕は細くなります。

具体的に行ったことは、以下のようなことです。

①腕を内外に捻る

手順

  1. 肩から腕を垂らすイメージでリラックスさせる
  2. 腕を内側に捻りながら、身体の前側で手の甲を合わせる
  3. このとき胸元にしわを寄せるように軽く丸くなる
  4. 腕を外側に捻りつつ、胸元を軽く突き出す
  5. 腕を内外に捻りながら身体を丸める-反らすを繰り返す
  6. これを20回行う

②腕を小さく動かす

手順

  1. 両肘を曲げ、肩をリラックスさせる
  2. 脇を小さく開閉するように軽く動かす
  3. これを50回行う

③肘回し

手順

  1. 両手を肩に置き、肘を曲げる
  2. 身体の前側に、肘で小さな円を描くように動かす
  3. このとき、肩が気持ち良く動くようにリラックスする
  4. 片側1分間行い、逆回しも1分間行う

④肘の曲げ伸ばしを行う

手順

  1. 両肘を曲げる
  2. リズミカルに肘をトントントンと曲げる
  3. これを30回行う
  4. 次は、軽くドアをノックするように肘を伸ばす
  5. これも30回行う
  6. 交互に行い各3セットずつ行う

⑤仰向けで腕をぶらぶら揺らす

手順

  1. 仰向けの状態で前にならえのように腕を伸ばす
  2. 手首をリラックスさせ、腕全体を軽くぶらぶら揺らす
  3. これを1分間行う

引用:二の腕の外側が太い原因と細くする5つの手順

こういったことを毎日行うことで筋肉はどんどん柔らかくなり、循環が改善されます。

適切に体操ができると、1回でも二の腕が温かくなったり、手の先まで血液が流れるような感覚が出てきます。

こういった形で自然体に直すことができれば、以下のことも行っていきました。

食事・水分量を適量に保つ

体操と並行として、

  • 食事
  • 水分量

この2つを適量に保てるように内容を調節していきました。

個人的にも体感していますが、やはり食べ過ぎ・飲みすぎは、身体の調子を崩してしまう大きな原因となる可能性があります。

食べ過ぎ・飲みすぎで起こる可能性があることの例としては、

  • イライラしたり、不安になって精神的に不安定になる
  • ぼーっとしてやる気が起こりづらい
  • 免疫が下がり、風邪をひきやすい
  • 便秘になり、お腹がパンパンになる

これらも一例ですが、こういった不調につながる可能性があるので、やはり何事も過度になるのは避けたいところ。

クライアントさんはすぐに食事・水分量を減らすと1週間単位で二の腕がしぼんでいき、1ヶ月間で-3.3kg体重が減りました。

体重が下がるのに伴い、二の腕の冷たさは徐々に改善されていきました。

身体を温める・汗をかく習慣をつける

クライアントさんは体温も低かったため、夜はできるだけお風呂に浸かってもらい、身体を温めつつ汗をかいて水分を出すようにしました。

以前からあまりお風呂に浸かる習慣がなかったそうですが、気持ち的にもリラックスできたため、毎日お風呂に浸かる習慣がすぐにつきました。

別の考え方として、ホットヨガに通うなどもありだと思います。ホットヨガのレッスンでは、

  • 気持ち良く身体をほぐせる
  • 身体を温める
  • 自律神経を整えられる

こういった二の腕が冷たい&太いという悩みを改善できる内容が揃っています。また、半身浴をしながらお風呂の中で体操をするとかでもOK。

特に女性は方法は何でもOKですので、「身体を温める」ということは非常に大きな効果があるのでおすすめですね。

その他に習慣にしてもらったこと

もう1つ習慣化してもらったことは、

仕事中に腕をぶらぶら揺らす

ということです。腕をぶらぶら揺らすと、二の腕周りの筋肉が緩み循環が改善されるんですね。

それを1時間に1回ぐらいのペースで、仕事中にできるだけしていただきました。これによって、少しでも筋肉が硬くなることを防げます。

ここまでお伝えした、

  • 体操などで筋肉を緩める&循環を改善する
  • 食事・水分量を適量に保つ
  • 身体を温める
  • 腕を揺らす

こういったことをすることで、冷たくて太い二の腕は改善できました。

二の腕の冷たさや太さに悩んでいる方も同じ方法で引き締められます。

もし上記の内容で変化が分かりづらい方は、「二の腕が細くならないと悩んだ時に見直したい4つのチェックポイント」も参考にしてみてください。

二の腕が冷たい&太い人にはきついことはおすすめしない

ここまでの内容を見ると、「筋トレとかはしなくてもいいの?」と疑問に思うかもしれません。二の腕が冷たい&太いという原因は、主に、

筋肉が硬くて循環不良+自律神経の乱れ

でした。

そんな状況で、ハードに筋トレをするとよりストレスがかかり、筋肉が硬くなる可能性があります。

ですので、順序とすればまず、

筋肉を緩める+自律神経を整える

そして、身体が自然な状態に戻ったらトレーニングなどで筋肉を引き締める。そういう手順でトレーニングを行っていくと、より二の腕を細く引き締められると思います。

二の腕を引き締めるトレーニング方法は、「二の腕の外側が太い原因と細くする5つの手順」で紹介しているので、こちらをご覧ください。

 

二の腕が冷たい&太い4つの理由のまとめ

今回は、二の腕が冷たい&太い原因と改善方法について解説しました。

今回の記事の内容

  • 二の腕が冷たい原因は、循環不良・自律神経の乱れが関係している
  • 食べすぎ・水分の摂りすぎも自律神経を乱す原因となる
  • 二の腕を細くするためには、まず筋肉を緩めて循環を改善すること
  • そして、食事や水分量を適切に保つ
  • 日常的に身体を揺らすだけでも、二の腕は細くなる

こういった内容をお伝えしていきました。

二の腕が冷たい&太いと悩む方はぜひ参考に何か1つ実践してみてくださいね。二の腕は比較的早く変化するはずです。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シェイプアップ関連記事


\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/

無料体験のお申し込みはこちら≫

 

関連記事

  1. トレーナーが解説!ダイエットとシェイプアップの違い

  2. 「ふくらはぎを揉むと全身痩せる」←多分無理です【理由も解説】

  3. 反り腰を改善して太もも痩せする6つの方法

  4. 脇の肉がすごいと悩む方必見!脇の肉・たるみを落とす3つの方法

  5. 太ももが細くならない8つの理由

  6. 太ももの内側がたるみで太い原因と細くする5つの手順

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter