ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?どっち?

いずるいずるが書いたよ! →最新記事一覧

ヒールの立ち方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒールを履いていると足の裏が硬くなってしまったり、痛くなってしまったり。ひどい場合外反母趾になってしまう方もいます。

つま先に重心がかかるとふくらはぎが緊張してしまい、筋肉が硬くなることで循環が悪くなり脚もむくむ。こんな状態はヒールを履いていれば仕方ないと思いがちですが、ヒールを履いている時の重心位置を変えることでもっと楽に立つことができるはずですし、ふくらはぎもそこまで緊張しませんし、太ももの前側の張りも改善されるはずです。

ヒールを履いている姿を見れば、一見足元がつま先立ちのような状態であっても、踵(ピン)に体重を乗せることで踵に体重が乗り、その状態で立つことで楽に立つことができるようになります。

今日はヒールを履いた時の立ち方と太ももの張りの改善との関係についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

よく見るヒールを履いた女性の立ち方

電車待ちや信号待ちをしている女性を見るとこのような立ち方をしている方が多いように思います。

ヒールでの立ち方

膝がまっすぐ伸びきっておらず、曲がった状態で立っていたり、へそを突き出すように立っていたりする方が多いなと感じます。みなさんはいかがでしょうか?

このような立ち方が良いか悪いかは別にして、ご本人の感覚としては特にいつもと変わらない、自分の中での“普通”の立ち方だと思います。

ただ、このような立ち方をすることで、太ももの前側にストレスを受け筋肉が緊張してしまったり、つま先重心になることでふくらはぎが緊張し硬くなってしまう可能性があります。

ストレスを受ける

もし太ももの前側の張りで悩み、何をしても改善が見られない場合、このヒールを履いた時の立ち方が影響し根本原因になっている可能性があります。太ももの前側を引き締めるためには、この立ち方を変える必要がありますが、ヒールを履いた状態では、どのような立ち方をすればいいのでしょうか?

 

ヒールであっても重心は踵

ヒールの構造上、つま先で立っているように見えますし、つま先重心になるのが自然だと考えている方も多いと思いますが、ヒールを履いていても重心位置は踵にします。

踵の位置にはちょうどピンがあり、このピンに体重をかけるようなイメージで立つと踵で立つことができ、ふくらはぎの緊張はこれだけで改善されます。つま先重心になることで、ふくらはぎの筋肉は緊張しますし、日頃からこのような体重のかけ方になっている場合、仕事の後はかなりふくらはぎが張りパンパンなはずです。

画像で確認していきたいと思いますが、べた靴の場合であってもヒールであっても足元の環境が異なっても、足首から上の状態は一緒であり、踵に体重をかけます。

立ち方

立ち方

このように踵、ピンに体重をかけることで骨で立つ感覚が得られますし、実際に重心位置を前後にずらしてみると太ももやふくらはぎの緊張感は変わります。

試していただきたいのですが、ヒールを履いた状態でつま先に体重をかけるとふくらはぎが緊張することが確認できると思います。

つま先立ち

逆にピンよりも少し後ろの位置に体重をかけてみたり、へそを突き出して立つと太ももの前側が緊張することが確認できると思います。

踵重心

この状態から、ピンで立つように踵で立ち、骨盤を軽く前傾をさせます。

立ち方

すると太ももの前側の張りはなくなり、緩い状態になりますしふくらはぎも過度に緊張しません。このようにヒールを履いた状態でも踵、ピンで立つことで楽に立つことができ、骨で立つ感覚を得られるようになります。

 

立つから歩くにつなげる

人間の身体はつながりがあり、立ち方は歩き方に、歩き方は走り方に影響を与えます。例えば、たっているときに右肩が下がっている方は、歩いていると同じように右肩が下がって歩くことが多い。

場合によっては歩き方の癖が異なり、その通りにならないこともありますが、立ち方の影響はその他の動作に影響しやすい。

ヒールを履いた時の立ち方から考えると、膝が曲がった状態で立っていると、膝を曲げながら歩いてしまう可能性が高い。もし膝を曲げながら歩いてしまうと、太ももの前側にかかるストレスが非常に大きくなり、それだけでも太くなる可能性があります。

このとき太ももの前側に受けるストレスは、エキセントリックな刺激を受けます。筋肉は縮まりながらストレスを受けるよりも、伸ばされながらストレスを受ける方が刺激が大きく、速筋(白筋)に刺激を受けます。

速筋は肥大しやすく、エキセントリックな刺激を受けると肥大しますが、歩くときの刺激だけでも十分太くなる可能性があります。

脚を太くしないためにも、まずベースである立ち方を変え、踵重心になることが脚を引き締めるためにも、むくみの改善をするためにも重要になります。

 

へそを突き出すような立ち方は太ももの前側が張る

ヒールを履いたときの立ち方だけではなく、立ち方を見ていると靴に関係なくへそを突き出すような立ち方をしている方が多いと思います。

このような立ち方をすると、身体にはどのような影響を与えているのでしょうか?またこのような影響を受けることで身体はどのような変化をしてしまうのでしょうか?

太ももの前側が張る

先ほどからもお伝えしていますが、つま先に体重をかけ、へそを突き出すような立ち方の場合、太ももの前側が張ってきます。

実際に太ももの前側に触れながら確認していただきたいのですが、つま先に体重をかけ、へそを突き出すように立つとこの部分が張ってくることがわかると思います。

ストレスを受ける

太ももの前側の少し外側の膨らみは、このような立ち方の影響を受けて膨らんでいる可能性があります。そのため、どのような筋トレやストレッチをするよりもまずは立ち方を直すことが先決です。

立ち方のイメージとしては、頭部は背骨が、背骨は骨盤が、骨盤は2本の脚が支え、2本の一番下の部分が踵、今日のテーマで言えばヒールのピンの部分にあたります。ここで身体を支えることで、骨が積み木のように連なり、その連なった骨の表面に筋肉が付着するイメージです。

ヒールでの立ち方

このようなイメージでピンで立つことで太ももの前側の張り感が和らぎ、身体の重さは骨で感じることができます。ただ、身体の緊張が強かったり、捻じれや歪みがあると感じにくいということもあるため、本来は歪みのない状態でこれらを確認することが必要です。

考え方としては、太ももの前側の刺激を抜くためにはヒールでの立ち方はピンで立つということです。

ヒップが下がる

つま先重心になることで、身体の変化が起こるというのは太ももの前側だけではありません。実は、このような立ち方の影響はヒップにも出てきます。

へそを突き出すような立ち方の場合、骨盤の位置が本来の位置からずれてしまいます。例えば、骨盤が後傾といって、後ろに倒れるような位置で立ってしまうとお尻は下がってしまい垂れてきてしまいます。

骨盤の位置は本来軽く前傾している状態にあります。

骨盤が後傾してしまうと、これだけでヒップにはたるみが出ることがわかると思います。逆に、もし現在このように骨盤が後傾している場合、骨盤の位置をまず直すことでヒップはそれだけで上がります。

立ち方 ヒールでの立ち方

このようにヒールを履いたときの立ち方だけではなく、日頃から行う立ち方の影響でヒップが下がったり、上がったりしてしまいます。

足の裏が硬くなる

よく加重する箇所の皮膚は硬くなって、タコのようなものが出来上がります。足裏を見ればある程度、日頃どのような立ち方をしているのか、姿勢をしているのかがわかります。

ヒールを履いている方の場合、足裏のつま先側に硬くなった箇所が見られ、これがつま先重心のサインでもあります。

またこのようにつま先で加重しつづけることで、その部分が痛んでしまうことがあります。モートン神経腫という症状がありますが、これはまさにつま先に加重し続けた結果、つま先付近にある神経を刺激してしまい、痛みが発生してしまいます。

クライアントさんの中にも手術した方もいますし、それだけ大きなことにつながってしまうこともあります。ヒールを履いていても踵重心にすることでこのような症状などを防ぐことができます。

お腹のたるみ

お腹が膨らんでしまって悩んでいる方の中に、脂肪がついているのではなく、立ち方の影響でお腹が膨らんでしまっているように感じる場合があります。

要は、お腹が膨らむように立ってしまっているということになりますが、この場合、立ち方を変えることでお腹は凹み、引き締まったようになります。

この2枚の画像を見るだけでその意味が分かると思います。

お腹を凹ませる

立ち方

これは同じ日に撮った写真ですが、立ち方だけでお腹の印象が違うのがわかると思います。脂肪組織は簡単に移動させることができ、もし移動した箇所にある程度の期間保持すると、その位置に形状記憶されます。

脂肪組織を移動させるという考えはバストアップに使え、日頃下着を使って脂肪組織を自分が理想とする胸の形で維持させ、それを形状記憶させるとバストアップされ、形を変えることができます。

少し立ち方から話がそれてしまいましたが、日頃の立ち方の影響でお腹が膨らんで見えるようになってしまったり、たるみが出てしまう可能性もあるということです。

足元の崩れは全体の崩れとなる

骨で立つためには踵で立つということをお伝えしましたが、つま先重心で立つことでスネの骨や太ももの骨、骨盤などの位置関係が崩れます。下の崩れは上に影響を与え、上半身、頭部の崩れへと連鎖していきます。

へそを突き出し、骨盤が後傾した場合、背中も丸くなりやすく、その影響を受けて頭部の位置も前にずれてしまう。

背中が丸くなり、頭部の位置が前にずれてしまうことで起こるのは首や肩のこり。このこりは神経を圧迫し、頭痛の原因にもなります。

あるクライアントさんが悩まれていることのひとつに、男性のような肩から首にかけての膨らみがありますが、このような男性らしさを印象付けてしまう肩の膨らみにも影響します。

ヒールを履いた立ち方で頭部との関係はイメージしづらいかもしれませんが、実際これだけ身体全体に影響を与えてしまう可能性があります。足元のことを見直すことで、身体のさまざまな悩みを改善できるきっかけになりうるということです。

 

ヒールを履いた立ち方は踵で立つ

では最後に改めて、ヒールを履いたときの立ち方について整理していきたいと思います。

人間の身体は、肩の位置が少し前側についていることやいくらヒップが垂れているといえど、ある程度膨らみがあり、後方に出ています。これらを考えると、壁立ちをしたときのような、背中、ヒップを壁につける立ち方というのは明らかに不自然であり、背中が緊張してしまいます。

壁立ち

ヒールを履いている、いないに関わらず、ざっくりとした指標のひとつに耳の穴、肩、大転子、内踝を一直線で結んだラインをイメージして立っていただくことで踵で身体を支える立ち方ができます。

厳密に言えば、この一直線のラインで立つことも緊張してしまいますが、壁立ちよりも緊張は少なく、わかりやすいと思います。

本当に全身の筋肉が緩み、骨で立つ感覚が得られると、頭の重さを腰椎で、また上半身の重さを踵で支え、膝は若干曲がっているような状態になり、骨で支える感覚を感じることができます。

ヒールでの立ち方

このように立つことで先ほどご紹介した身体の変化が出てきますし、今よりも確実に女性らしさを演出できると思います。

ヒールを履いた立ち方。それはつま先重心ではなく、踵に重心で立つことでより楽に立て、骨で立つ感覚が得られると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今日はヒールを履いた時の立ち方についてお伝えしていきましたが、女性の方はつま先重心だと思っていた方は多かったのではないでしょうか?

見た目としてはつま先重心になりそうなイメージがありますが、実はそうではなく踵で立つこともできます。

このような立ち方をすることで、お腹を引き締められたり、足裏のタコや硬くなっている部分が柔らかくなったり、痛みを改善することもできます。

どのように考え、立つか。それだけで身体も変化していくと思います。今日お伝えした内容はこのような内容でした。

  • 一般的にはヒールを履いた立ち方はつま先重心が多い
  • つま先重心で立つと、へそが突き出やすく全体の姿勢が崩れやすい
  • このような立ち方をすると、ヒップが下がり、お腹もたるむ可能性がある
  • ヒールを履いている、いないに関係なく踵で立つ
  • 骨で立つことでより楽に立つことができる

このような内容でお送りしていきました。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
スポンサーリンク

関連記事

IzuruStyle

カテゴリー

アーカイブ

IzuruStyleについて

  1. コースについて
  2. スタジオについて
  3. 営業時間
  4. お問い合わせ
  5. 南部麻衣
  6. IzuruStyleについて

月別記事

スタジオのご紹介

スタジオ スタジオ

カテゴリー

シェイプアップ ダイエット トレーニング 痛みの改善 スポーツ選手 健康 学生向け おもしろ 魚住廣信 家族

ページ上部へ戻る