ヒールを履いたときの歩き方|太ももは細くしてヒップアップさせる

ヒールを履いたときの歩き方|太ももは細くしてヒップアップさせる
お尻(ヒップ)

【月3名限定】無料体験を実施中

セッションの中でもクライアントさんに歩き方をお伝えする機会がありますが、そのときによく「ヒールを履いた時はどうしたらいい?」ということを聞かれます。

ヒールを履いているときは、つま先重心になることが当たり前ように感じている方も多いと思いますが、ヒールを履いたときの重心は、実は踵で立つことの方が、脚は細くなります。

実際、ヒールを履いて仕事をしている人の足裏を見てみると皮膚が硬くなっている部分があり、特につま先側が硬くなっていることが多くあります。これを改善すれば美脚に近づくはずです。

そして、ヒールをうまく履きこなすことは、ヒップアップやウエストのシェイプアップにつながります。仕事をしていて時間がない方にもおすすめしたいヒールを履いたときの歩き方についてお伝えしていきたいと思います。


日本人はヒールを履いてうまく歩けていない

日本人はヒールを履いてうまく歩けていない

外国のモデルさんが出ているショーなどで疲労されるヒールウォーキングをテレビで見て、一気に引き込まれることがよくあります。でも日本のモデルさんはきれいな方も多いですが、ヒールを履いて歩くだけでは引き込まれるというよりもただきれいという印象を強く受けます。

ヒールを履いたときの歩き方は何が違うのか。外国のモデルさんはヒールを履いて歩く姿が何よりもかっこいい。黒人さんのヒールを履いて歩く姿をたまに街中でみかけることがありますが、国柄もあるのかもしれませんが、堂々とした態度で、凛々しくも見えます。

そんな姿に引き付けられ、見すぎて一度にらまれたことがあります・・・。そんなことは置いといて、日本人と外国の方のヒールを履いての歩き方では何が違うのでしょうか?

その違いはヒールを履きこなして歩けているかどうかがひとつの理由に挙げられると思います。日本人はヒールを履きこなすのが下手だと言われていますが、つま先重心で膝が曲がり、どこかぎこちない。

このような歩き方は太ももの前側にストレスが加わり、太い脚になっていきます。外国の方の場合、ヒップアップされたある意味女性の理想的な身体つきをしている人が多い。外国の方はヒールを履いて歩くだけで、ヒップアップされ、身体も引き締まっていきます。

それはそのようなヒールでの歩き方ができているから。日本人はうまくヒールを履きこなせていないといえます。

関連記事:ヒールウォーキングについて|かっこよく見せるための5つのポイント

 

ヒールを履いたときの歩き方

ヒールを履いたときの歩き方

では、ヒールを履いたときにはどのような歩き方をすればいいのでしょうか。基本的には靴底がフラットなシューズの歩き方と同じですが、踵の高さが違う分歩き方も違ってくるように感じます。

ここからは具体的な歩き方について見ていきたいと思います。シンプルにまとめると3つで、

  1. 重心を引き上げる
  2. 重心を前に運ぶ
  3. 後ろ脚を少し置いていくイメージ

この3つがスムーズにできるとヒールを履いてスムーズに歩くことができます。

重心を引き上げる

まず、歩くとは、

重心を移動させること

という認識を持ってください。脚を前に出そうとすると、太ももが緊張してしまうため、太くなる可能性がありますし、楽には歩けません。

一般的には、重心はへそ辺りをイメージすることが多いのですが、重心は高い方が身体を楽に移動させることができますので、みぞおち、もしくは胸あたりに設定します。

重心位置

もしくは、頭がUFOキャッチャーのクレーンに吊り下げられているようなイメージをもってみてください。

重心位置

重心は高くし、上半身の筋肉がガチッっと緊張して固まらないように、上半身はリラックスします。

関連記事:歩き方と重心の関係|楽に歩くために重心を引き上げる理由

重心を前に運ぶ

次は、この高く引き上げた重心を前に移動させるイメージを持ち、前方へ進んでいきます。

重心を移動させる

レッスンでよくお伝えする言い方は、頭がUFOキャッチャーのクレーンに吊られて、そのクレーンに移動させられるイメージとお伝えすると、スムーズに重心を移動させられている方が多いですね。

頭が気持ち先導するようなイメージで歩けると、身体の真下に近い位置に着地でき、太ももの前側へのストレスも軽減できるので、より楽に歩くことができます。

後ろ脚を少し置いていくイメージ

重心を前に運んだとき、後ろ脚を少し置いていくようなイメージを持つとこのようなポージングになります。

重心を移動させる

そうすると、後方にあるお尻の付け根に刺激が加わり、ヒップアップすることができます!

後方の脚を置いていく

    1. 重心を引き上げる
    2. 重心を前に運ぶ
    3. 後ろ脚を少し置いていくイメージ

この3つのイメージをもってご覧ください!

関連記事:歩き方がおかしいと感じる方に伝えたい下駄を利用した歩き方の改善方法

 

ヒールで歩くときのチェックポイント

ヒールを履いた時の歩き方は、これまでお伝えしてきた通りですが、その他にチェックポイントがありますので、これらも参考にしていただきたいと思います。

  1. 脚を前に出さない
  2. 着地はピンでする
  3. 膝が曲がっていると太ももの前側が太くなる
  4. ヒールで歩くとウエストも引き締められる

脚を前に出さない

歩くときは、基本的に脚を前に出しません。人の身体は重心が前に移動すると、それに合わせるかのように“勝手に”身体の真下付近で着地します。

脚はリラックスさせておき、重心を前に運ぶことで歩くという動作が行われます。

脚を前に出すと、身体の前側で着地をし、つっかえ棒のようになってしまい、このとき太ももがストレスを受けてしまい太くなる可能性があります。

つま先で着地

ヒールを履いて歩くときも、基本的には脚を前に出すという意識は持たないようにしてください。

着地はピンでする

ヒールを履いているからといって、着地をつま先ですると、脚が前に出てきてしまい、どうしても膝が曲がります。結果、太ももの前側やふくらはぎにストレスがかかります。

重心を高く保ち、前方に運ぶことができるとヒールのピンで着地するようになります。

ピンで着地

着地はピンでするようにしてみてください。

膝が曲がっていると太ももの前側が太くなる

これは先ほどからもお伝えしているように、膝が曲がって着地をすると、太ももの前側に大きなストレスがかかります。

膝が曲がる

このように歩いてしまっている方は、重心を引き上げ、身体の真下付近で着地することができると、膝も伸び、お尻の付け根にストレスがかかるようになります。

ヒールで歩いているときに、膝が曲がっていないかチェックしてみてください。

関連記事:膝に引っかかるような違和感が出る理由と改善について

関連記事:太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と改善方法について

ヒールで歩くとウエストも引き締められる

人の身体は、姿勢が悪くなると縦に縮むように身体が丸くなっていきます。このとき、お腹の空洞がつぶされるようになり、お腹にたるみができます。

空き缶を縦につぶしたときに似ていますが、つぶれた空き缶は縦に伸ばすと周径囲が細くなるのと同じように、身体も重心を引き上げ、ウエストを縦に引き伸ばすと細くなります。

これは、この2枚の画像を見比べると一目瞭然です。

骨盤の位置

骨盤の位置

ヒールを履いて歩くときは、肋骨を軽く引き上げ、肩をリラックスさせた状態で歩くと、ウエストが引き上がった状態になります。

これを継続的に行うと、ウエストはその位置をインプットし、ウエストは細くなっていきます!

さらに、お尻の下側や外側にたるみがある方は、「キュッとふんわりスパッツ」を履いて、お尻の脂肪を寄せ、形を整えてみてください。

脂肪は、大体1ヶ月間程移動させ続けると、その位置に定着する性質があるため、日頃からこういう着圧の下着を履いて、お尻を盛るようにする、それだけでヒップアップします。

そして、先ほどお伝えしたように歩き方を改善すれば、よりヒップアップでき、かなりヒップの形が変わるので、こういうものを活用するのもいいと思います。

このようなことができているかどうかをチャックして歩いていただくと、身体も引き締まり、より楽に歩けるようになるので、ぜひ試してみてください!

関連記事:ウエストを引き締める6つの方法と日常でも簡単にできる2つのこと

 

日頃からヒールを履いて太ももが太くなっている方へ

日頃からヒールを履いて太ももが太くなっている方へ

先ほど、ヒールを履いたときにつま先で着地をしてしまうと太ももの前側が太くなってしまうということをお伝えしました。

この太ももを引き締めるためには、根本的には歩き方を変える必要があります。ただ、筋肉がストレスを受けて硬くなっているので、それを緩めればそれだけで太ももは細くなっていきます。

太ももの前側を緩める方法は、「太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と改善方法について」をご覧ください。

歩き方に問題があると、太ももの前側に刺激が加わってしまいますが、これはまず筋肉を緩めることが必要になります。そこから歩き方を改善することで、太ももの前側も太くなることを防げます。

このような考え方でヒールを履いたときの歩き方を見直していただいたり、太ももを緩めていただき、改善を目指していただければと思います!

この他の姿勢に関することは、こちらを参考にしてみてください。

関連記事:疲れない姿勢と疲れる姿勢|スタイルが良い人ほど壁立ちをすれば疲れる理由

 

まとめ

では最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • ヒールを履いても重心は踵であり、ピンに乗せる
  • 歩くとき、脚を前に出そうとせずみぞおちあたりを前に運ぶイメージを持つ
  • 脚が後ろに流れるようになると1歩ずつヒップに刺激を受ける
  • 胸郭(肋骨)を引き上げるようなイメージで歩くとウエストが引き締まる
  • そして、バウンドするような感覚が得られる
  • ヒールを履いてヒップを使うような歩き方ができれば、脚は細くなりふくらはぎも引き締まる

このような内容でお送りしました。

ヒールを履いたときの歩き方については、さまざまなところで質問を受けますが、これができれば毎日トレーニングすることになり、身体もどんどん変わっていくのではないでしょうか。

あとは実践ですので、日頃の中で取り入れていただけると嬉しく思います。

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめ脚やせしたい方に使ってほしい&役立つアイテム10選

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

IzuruStyleについて

無料体験のお申込み・当日の流れについて

住所:〒658-0046 兵庫県神戸市東灘区魚崎北町5-3-16-602
電話番号:078-855-8349 / 080-5354-4771
営業時間:7:00 ~ 0:00
休日:火曜日


>>IzuruStyleについて
>>プロフィールの詳細はこちら
>>コースの詳細はこちら
>>お客様の感想はこちら
>>無料体験のお申込みはこちら
>>お問い合わせはこちら