バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法

バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法

バッティングをするとき、体が開いた状態でインパクトを迎えてしまうと力が入らず、どうしても内野フライや力のない打球が飛びがち。

体が開く癖を改善すればバッティング時の打球は変わり、今よりも成績が残せたり気持ち良くバッティングできるようになります。

体の開きを改善する方法は非常にシンプルで、今回お伝えする方法を実践すれば改善可能です。

この記事では、

  • バッティング時に体が開く原因
  • バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法

などをパーソナルトレーナー歴11年の僕が解説します。

ちなみに、今回お伝えする方法は現場でも活用して成果を確認できている方法ですので、ぜひ参考に実践してみてください。

 

バッティング時に体が開く原因

今回のテーマの結論から言うと、

  1. 軸足のつま先の向きを調節する
  2. 踵で地面を押すステップを繰り返す
  3. まっすぐ体重移動する

これらを行えば体の開きを改善することができるはず。

もちろん個人によって必要な方法は変わってきますが、現場でも大方これらの方法を実践すれば体の開きは改善しています。

というのは、そもそもバッティング時に体が開く原因は以下のようなことが考えられるからです。まず最初に、体が開く原因を解説しますね。

タイミングのズレ

よくある体が開く原因は、

投手やマシンが投げるボールとタイミングが合っていない

ということ。

技術の高い選手であれば、タイミングがずれても身体が前に突っ込んでしまわず、体の開きも抑えられます。

ただ、タイミングを合わせるのが苦手だったり、技術的にも課題の多い選手の場合は体が開きやすくなってしまう。

特に、

速球がきた後に、緩めの変化球を投げられるとタイミングが早すぎて体が開く

ということが起こる。

しかも、そういうことを繰り返していると、体を開く動作が癖づいてしまうことも考えられます。

このようにバッティング時に体が開くのは、タイミングが合っていない可能性があります。

タイミングが合っていないときの改善方法は、「バッティング時にタイミングが合わない原因と4つの改善方法」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ステップ方向の問題

これもよくある体が開く原因で、バッティング時は軸足に体重を乗せた後、投手方向に体重移動していきますよね。

投手方向へ体重移動をする

このとき、踏み出した脚が投手方向にまっすぐ踏み出せず、外に開くようにステップしている選手がいます。

体が開きながらステップする

自分ではまっすぐ踏み出しているつもりでも、外側にステップしていくとどうしても体は開いてしまう。

体の構造を考えると、踏み出した後は、

軸足の踵の延長線上につま先がくるイメージ

でステップすれば、バランスよくスイングすることができます。イメージ的には、こういった感じですね。

自然にステップしたときの足の位置

これは投手でも全く同じで、体の開きが気になる投手は、このようなステップをイメージすれば体の開きは抑えられます。

また、ステップの踏み出す方向の問題もありますが、バッティングをするときは基本的に肩や骨盤を投手方向にまっすぐ運べば自然に身体が使いやすくなります。

体重をまっすぐ投手方向に移動させる

このとき、対人であれマシンであれ、肩や骨盤を投手方向にまっすぐ運んでいるつもりでも少しずれていたとします。

そうすると、ステップが開いていたときと同様に身体は開いてしまう。

このように、

  • ステップしていく方向の問題
  • 体をまっすぐ投手方向に移動できていないという問題

この2つのどちらかがあれば、バッティング時に体が開く可能性が高いですね。

バッティング時の体の自然な動きは、「野球の打ち方やバッティングのコツをトレーナーが4ステップで解説」で詳しく解説しています。

オープンスタンスで構えている

この問題は、先ほどお伝えしたステップ方向とほぼ同じ原因ですが、オープンスタンスで構えている選手も体が開きやすくなります。

オープンスタンス

これはシンプルなことで、オープンスタンスで構えた場合、バッティング時のステップ方向はインステップするような感覚になるはず。

ただ、軸足に体重を乗せた後、構えた足の位置にステップしてしまうと当然体は開いた状態になりますよね。

外側にステップする

オープンスタンスの選手は、こういった構えが原因で体が開きやすい。

ですので、体の開きがあまりに気になる場合はスクエアスタンス(足をまっすぐに構える)の方がいいかもしれません。

軸足のつま先の向きが開きすぎている

これはぜひチェックしてほしいことですが、構えたときの軸足のつま先はどの方向を向いているでしょうか。

右バッターの場合、このようにつま先が大きくキャッチャー方向を向いていませんか?

つま先を大きく開く

軸足のつま先の方向がこのように開いていると、体重移動した後必ず体は開きます。

しかも、つま先がこの方向に向いている場合、軸足で地面を押しづらくなるため下半身の力をうまく活用できなくなります。

結果的に、ボールに力をうまく伝えられずパフォーマンスも下がってしまう。ですので、つま先が外側に開きすぎていることも原因の1つとして考えられます。

構えの問題

もう1つの問題は、バットを構える位置です。

これは僕が現役で野球をしていたときの話ですが、バットを後頭部の後ろ辺りで構えていた時期がありました。

しかも、体を少しキャッチャー方向に捻り、非常に窮屈な構え方をしていたんですね。

窮屈にバットを構える

こんな位置でバットを構えていると、当然スムーズにバットは出てきませんし、バットを出すためには身体を開きながらスイングしていくしかありません。

体が開きながらスイングする

こういった構え方に問題があっても、それが体の開きにつながる可能性があります。

ここまで現場で経験した原因などをお伝えしましたが、多くの場合、先ほどお伝えした3つの方法を実践してもらうことで体の開きは改善できます。

次は、バッティング時の体の開きをおさえる方法を解説します。

 

バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法

改めてお伝えすると、バッティング時の体の開きを改善する3つの方法は、以下の通りです。

  1. 軸足のつま先の向きを調節する
  2. 踵で地面を押すステップを繰り返す
  3. まっすぐ体重移動する

この順番で実践してもらうと、うまくバッティング時の体の開きは抑えられるはずです。

①軸足のつま先の向きを調節する

まずバッターボックスでいつも通りに構えます。このとき、軸足のつま先は軽く開く程度か、まっすぐに近い状態にします。

つま先をまっすぐに向ける

この状態で、体重を踝の真下辺りに乗せておきます。この赤い丸の位置ですね。

足裏にかかる体重の位置

②踵で地面を押すステップを繰り返す

この状態から、踝の真下で地面を押すようなイメージで、まっすぐステップのみを繰り返します。

このときのポイントは、

  • 軸足の踵から投手方向に1本のラインを引く
  • そのラインに対して、踏み出した足のつま先が着地する

先ほどお伝えしたこういう状態ですね。

踵で地面をまっすぐ押す

赤いラインを引いているようなイメージで、実際に地面にラインを引いておくとステップ方向がわかりやすくなります。

ここでのポイントは、踏み出した足が投手方向に向かないように、シンプルにまっすぐステップを繰り返すということです。

踏み出し足の向き

つま先が投手方向に向くと身体は開くので、この段階ではただバットを構えた状態でそのまま投手方向にステップを繰り返すだけです。

これを毎日100~200回行います。シンプルな動作ではありますけど、これを身体にインプットすることが重要です。

そうすると、バッティング時の体の開きはだいぶ抑えられます。

③まっすぐ重心移動する

②で行ったことはバッティング前に行ってほしいことで、次はバッティング中に意識してほしいポイントになります。

基本的には、②の段階でまっすぐステップすることはできるはずですが、バッティング中は「肩」や「骨盤」を投手方向にまっすぐ踏み出すという意識を持ちます。

体重をまっすぐ投手方向に移動させる

あとは、2点のどちらかを投手方向にまっすぐ移動させたらタイミングを合わせてボールを打つだけです。

この意識だけで、体の開きはほぼ抑えられるはず。最初は、少し窮屈さや身体を締めすぎている感覚があるかもしれませんが、問題ありません。

この感覚に慣れると違和感なくスイングできてくるので、こういった一連の流れでバッティングをすれば体は開かないはずですね。

フォロースルーのイメージを変える

もう1つだけポイントをお伝えしておくと、ボールを打った後のフォロースルーを、

センターの奥にバットを投げるイメージ

に変えてみてください。

センターの奥にバットを投げるイメージ

体が開きやすい方は、

  • 右打者:レフト方向
  • 左打者:ライト方向

にフォロースルーが流れがちです。そうではなくセンターの奥にバットを投げるイメージでフォロースルーをとっていくと、体はより開かなくなります。

しかも、打球が飛びやすくもなるのでこういうフォロースルーのとり方はおすすめですね。

ここまでの一連の流れができると、バッティング時の体の開きは改善できるので、ぜひ参考に実践してみてください。

 

バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法のまとめ

今回は、バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • バッティング時に体が開く原因は、複数ある
  • ただ、ステップ方向の問題や軸足のつま先の向きのまずさがよく原因になる
  • 体の開きをおさえるためには、まず軸足のつま先をまっすぐに向ける
  • そこから、投手方向にまっすぐステップを繰り返す
  • このとき、軸足の踵の延長線上に踏み出した足のつま先がくるようにステップする
  • バッティング時は、肩や骨盤を投手方向へまっすぐ移動させると体が開かなくなる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が、少しでもバッティング時の体の開きに悩む野球選手の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

野球関連記事


▼お役に立った方はシェアお願いします!
 

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンのお申込はこちら


「何をしても身体が変わらない…」「どこに行っても変化を感じない…」そんな身体の悩みを抱えている方は、ぜひ気軽にご相談ください。一緒に改善の糸口をみつけ、“本当に、変わった…”を体感していただきます。無料体験などのお申込はこちらからどうぞ。

無料体験のお申込みはこちら≫


毎月限定1名モニター募集中≫

 

関連記事

  1. 野球選手のスイングスピードを上げる5つの方法

  2. 【完全版】野球やランニングパフォーマンスを向上する方法【痛み改善も解説…

  3. ランニング後に出るふくらはぎや足首の痛みの原因と6つの改善方法

  4. コーディネーション・コオーディネーショントレーニングの意味と実践方法

  5. 野球選手に役立つ体幹トレーニングのメニュー10種目と具体的な方法

  6. ランニングで起こる膝の痛み(鵞足炎)を改善する5つのステップ

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter